仕事

ちょっとそこの上司!あなたは部下を悩ませる上司?職場を乱す社員?

わたしが社会人になって困った上司と日々対峙しています。

そんな中で上司のこういうところは良くないというのをまとめてみました。

そして、それらの問題点は私の上司に限ったことではなく、多くの上司のみなさんもやっちゃってることがあると思うんです。

 

わたしの上司は尊敬できるところもあり、仕事ができていいところもあるんです。

一方で、理不尽でよろしくない行いが多いため会社内で部下や同僚から問題視されています。

それらの問題さえなければ…とても勿体ないですね…

 

勿体ないだけでは済まされない、もっと最悪なのは!!

ほかの社員からあなたの行いが職場を乱す要因としてみられるかもしれません。

 

指示が的確でわかりやすい?

部下に指示を出しても部下が上手く動いてくれない!と叱りつける上司。

でも、そもそも指示は的確で分かりやすかったのでしょうか?

 

ポイント

まず、2点をおさえられているか確認してみて下さい!

・結論から言う

特にダラダラと話してしまって、話の着地点を見失いやすい人

「結局何が言いたいの?」「全然何が言いたいのか分からない…」と言われてしまう人

これらのパターンの人は”結論”から話すことを強くおすすめします!

・「要点(やって欲しいこと)は〇つ」

言いたいことがいくつかあるときは、まとまりがいくつあるのか教えることで全体を相手に把握させることができる。

 

伝え方は、気をつけないと言葉一つでニュアンスが違って伝わらないこともあります。

伝えた後にしっかり伝わっているか相手に確認することも大切ですね。

 

職場の問題地図

 

この本は、大学のときに見つけた本で、入社前にリアルな職場の現状を覗かせてもらえました。

実際、4月から新卒で入社して「書いてある通りだ!!」と思わされることがいくつもありました。

新人ではありますが、上の人に意見が言える機会があればどんどん改善をはかっていきたいですね。

 

わたしの中で一番ひどいのは「いい感じにしといて」という上司の注文。

いい感じにしてみたけど、まるまるやり直しを食らったときはどうしようもない気持ちになりました。

 

要点や要望を伝えきれず部下の仕事を増やしていませんか?

最初から正しく要点を伝えていればそれだけ完全なやり直し”手戻り”は確実に無くせるでしょう。

 

部下の仕事の把握ができてる?

上司に仕事の進捗情報を報告するのは当たり前のこと…

わたしが働いていて困ったことは部下の報告(仕事の話)を”ちゃんと覚えてくれないこと”

そんなこと言ってた?」と言われたときに「えぇ!」と困惑…

再度説明するとメモを取り始める上司を見て思いました「忘れるなら最初からメモ取っておいて!」と。

 

どんなに社会人経験が長くなっても、メモを取ることは大事。

自分が言ったことすら忘れてしまうくらい忘れっぽいのであればメモの習慣は付けたいものです。

メモは見返すことがなければただの紙切れですし、メモをむやみに取ることが一概に良いものとは言えません。

部下に同じことを何回も説明させて「最近忘れっぽくてさぁ」とのんきに言っていてはダメですね。

 

部下ができることは当たり前にできる?

部下がしていることは基本的に上司であれば当たり前にできていて欲しいですよね。

 

「僕知らないから君やっといて」「やろうと思えば僕もできるんだけどさ~」とか言って、自分以外の仕事を全くやらない(やれない)上司いませんか?

そんなのかっこ悪いですよね。

 

たとえば、部下がお休みの時には、休んだ部下のその日しないといけないルーティンワークをカバーしないといけません。

 

しかし!すべての仕事を把握するのは難しい…

それならば、自分と部下でマニュアル作りを徹底して仕事内容を共有できていたらいいですね。

 

職場の問題地図

 

 マニュアル作りをする中で、職場の先人たちがやっている無駄な業務に気づくこともあります。

実際わたしは入社してからいくつかマニュアルを作成しました。

誰が見ても分かるようにと考えてマニュアルを作ることはプレゼンや資料作りに生きてくる小技を覚えられるいい機会になります。

 

相談や話がしやすい?

 

相談や話がしやすい人の特徴というのがあります。

ポイント

・表情が柔らかい

・声をかけてくれる

・聞き上手

・部下の目線に合わせて話す

 

基本的にしかめっ面して、寡黙な人に話しかけ辛いですよね。

 

元からのキャラクターがそういう風じゃないから難しい人もいると思います。

あなたらしさは残しつつも、話しかけてもらえるように無理のない程度に何か工夫してみましょう。

 

人は話し方が9割

 

人から話しかけてもらいたい!人から好かれる話し方を知りたい!という方におすすめの本です。

正しいことでも部下に話すときキツイ言い方になってませんか?

正論だからといって相手の気持ちを考えずズバズバ言うと一方的に叱りつけるような感じに…部下に悪気がない場合結構傷つけてしまう…

部下の目線に合わせた話し方で好かれる上司を目指すなら一度読んでみて下さい!

 

部下や後輩に謝れる?

 

上司や先輩も人間です。

上司と言えど時に間違ったことをしてしまうこともあります。

そんな時に部下に素直に謝ることができますか?

 

「すみません」が言えるからと言っても、悪びれる様子もなく”謝ればいいんでしょ、ほら謝ってあげたよ”的な態度の謝罪をする人もいます。

謝ってはいるけれど、反省の色のない無意味な謝罪は受けても余計な感じに終わってしまいますよね…

 

ポイント

間違ったことをしてしまっても上司や先輩の”プライド”で、素直に謝れなくなっていることが多いでしょう。

自分が失敗したことを認めて謝るという行為は上司としてなかなか恥ずかしい…

謝らず、「もう何でもいいじゃないか」とうやむやにして理不尽を押し通せば部下はつらい…

かと言って、上司が間違っても新人や後輩は立場が弱いので直球で「間違ってるじゃないですか!」と言うことはなかなかできません。

上司や先輩が歩み寄って素直に謝るのがよきお手本となるでしょう。

 

こんぺいとう
上司に私が謝罪されたときに思ったことは…「えぇぇぇ!謝ってくれた。上司だからうやむやにしたり笑ってごまかされると思った…なんか感動…!」でした。

真剣に謝られたのでこっちが謝らせてるのが申し訳なくなるほどでした。

 

人のことをよく見ている?

困ってる部下や後輩がいないか目を光らせましょう!

特に入社して間もない人は、何が何だかわからずおどおどしている人が多いです。

 

ポイント

仕事を分からないままにすることは絶対にあってはならないし、聞かずに勝手な判断でやってしまうと大きな失敗・会社の損失につながることも…

入社して間もない若い人は、誰に聞けばいいのかも分からない…みんな忙しそうで聞きづらい…とかいろいろ考えてしまっていることがあります。

初めてやる業務のときはできるだけ目を光らせて、理解できているか確認をしっかりしてあげましょう。

 

まあ、新人さんは仕事で分からないことがあればすぐに分かる人に聞く!

これは、鉄則です!

なので、まず「聞いてもいいんだよ、というか聞かないとダメ!」ということを教えてあげましょう。

 

部下や後輩のこと褒めてる?

上司や先輩ですから、何かミスした時には厳しく怒らなければならないこともあるでしょう。

しかし、日ごろ部下や後輩のちょっとした一面を「すごい!」と褒めたり、得意なことを「やっぱり君にこういうこと任せると素晴らしいわ」って気持ちを上げてくれる人はイイです!

 

ポイント

ただお世辞を言えばいいのではなく…

自分にはない相手にあるものを素直に素晴らしいと言えるかです。

これに関しては人それぞれ感じ方の違いもあると思いますが、すごいなぁと感じたことは胸にしまっておかず伝えてあげましょう!

「そんなのやれば誰でもできる」という否定的な発言はしないこと!

 

 

 入社一年目の教科書って舐めてるの??社会人何年目だと思ってんだよ!!

と思われるかもしれませんが、基本をずっとやり続けられる人は少ないんじゃないでしょうか。

わたしは入社して周りの先輩・上司をよくよく観察していると、この本に書かれたことができている人は少ないです。

 

初心に返ることができるのと同時にそんなこと誰も教えてくれなかったということにも出会えるかもしれません。

こんぺいとう
本に書かれていることがすべてではないと思いますが、明らかに不適切な行動でも「勤続20年以上でベテランだから、あの人はいいってことになってるんだよ」なんていう特殊条件発動させている人もいました…

 

最後に

 

部下は先輩の背中をみて育つとよく聞きます。

やっぱりかっこいい上司をみると憧れますよね。

 

反面教師で悪い人間を見て育つと自分はこうはならないぞとなる人もいるとは思うんです。

しかし、よくない上司を見て部下がみな反面教師で頑張れるかと言われたらほとんどがそうではないでしょう。

上司もああしてるからと楽な方に考える人や上司ができないことを部下がやらなきゃいけないってなんなんだ!!とストレスを感じる人…

上の人間が堕落していると部下だけでなく会社全体が壊れていくことにもなりかねません。

 

誰もが目指したくなるようなかっこいい上司でいてください!

-仕事

© 2021 こんぺいとうブログ Powered by AFFINGER5